とにかく体が休まらない看護師。そんな職業に更に「4週6休」なんていったら、どれくらきついか想像つきますか?

法律の話も分かり易く交えて説明しますので、その特徴をしっかり理解してくださいね!

きつい4週6休

看護師の転職サイト徹底比較

4週6休はやめた方がいいので一般と同じ週休2日(4週8休)にすべき

週1日しか休めない

まず、いきなりですが、4週6休はオススメしません。看護師の求人を見ると、4週6休と記載してるところがありますが、できれば避けた方がよいでしょう。

だって、考えてみてください。

4週6休っていうのは、週休1日になってしまう週が月に2回もあるということです。逆に言うと、週6回も出勤する週が月に2回もあるということです。

ただ「そのくらい大丈夫」と思ったメンタルに自身がある方もいると思うので、私の経験も兼ねて具体的に話させていただきますね。

休みが少ないと、いつも仕事のことを考えることになって病んだ

私は看護師から看護師へ3回転職しているのですが、その中で、4週6休の労働も経験したことがあります。

その時に感じたことは、週に1回しか休めないような状況だと、常に仕事のことを考えるような精神状態になって病むということです。

病んだ01

休日、プライベートを過ごしていても病院の仕事のことが頭をちらついてしまったり。。とにかくゆっくり休めませんしリフレッシュできません。

一番のネックはやっぱり、解放の時間が少ないということになりますが、単純な話で、週休2日が2回と4回のどちらか選べと言われたら、4回ある方がよいですよね。

勉強会や行事で休日が潰れると実質4週4休になることも

上記では、4週6休は「週休2日が月に2回」と書きましたが、恐ろしいことにその2回すら休日が取れないこともありました。

それは、勉強会だったり、行事だったりで、せっかくの貴重な休日に出勤(事実上仕事の集まり)させられることもあったからなんですね。

出勤とはいかなくても、病院から電話がかかってくきて、出勤時の自分の作業についての確認があったりと、なかなか休まることがありません。

そうなると、実質その休日は台無しの形になりますので、本当に辛い状態でした。。

違法?労働基準法は「変形労働時間制」が適用される

労働基準法

上長が何と言おうとも、病院の就業規則に何が書かれていようとも、それらのルールよりも絶対的に上位の強制力を持つルールが法律です。

私が以前働いていた病棟では「法律なんて守ってて病院を回せるか!?」なんて言う、熱い人がいましたが、残念ながら、何人(なんぴと)たりとも法律に逆らう権限など持ってはいません。

これについてはほとんどの方がご存知かと思います。

質問
勤務時間の上限は法律で決まっていますか。

回答
原則は労働基準法第32条で1週間40時間、1日8時間と決まっています。

参照⇒勤務時間の上限は法律で決まっていますか。|厚生労働省

厚生労働省のページにも書かれているとおり、「原則は」上記のとおりです。

例えば、4週6休で週6日出勤する場合、月曜から土曜までが6時間ずつの労働でしたら、週36時間になるので違法とはなりません。

4週6休36時間

労働基準法の第35条では、最低でも一週間に1日の休日を取らせることを義務づけており(法廷休日)、これが守られていればOKなんですね。

看護師の場合は「変形労働時間制」というものが採用されていることが普通です。「変形労働時間制」は1987年に労働基準法が改正されて導入されました。

変形労働時間制とは、一定の単位期間について、労働基準法上の労働時間の規制を、1週および1日単位ではなく、単位期間における週あたりの平均労働時間によって考える制度です。

参照⇒変形労働時間制とは何ですか。|労働政策研究・研修機構(JILPT)

1ヵ月の間に、数日だけ長時間勤務をしなければならないような職場で採用される労働の制度です。

また、例えば、月曜から金曜が7時間、土曜のみ5時間でも、所定労働時間は40時間となるので、この場合も週休1日で問題はありません。

この場合、いわゆる「半ドン」と呼ばれる日が隔週で訪れるパターンですね。

4週6休40時間-02

その変形期間や時間外労働にする考え方や算定方法などは、専門家じゃないとちょっと難しいので省きますが、労使協定をしっかり定めておけば違法ではありません。

ちなみに、看護師では4週8休の方が多いように思えます。

4週6休のメリットとデメリット

4週6休の意味

4週6休というのは、表現的には「うわっ、休み少なっ!」と思う人がほとんどでしょう。

しかし、それがまかり通ってるということは、悪いことばかりではないはずです。物事には必ず良い面と悪い面があります。

そこで、メリットとデメリットをきちんと理解しておきましょう。

メリット

メリットについては、正直あまりないと思います。下図を見てください。

4週6休メリット-01

これはあくまでも一例ですが、全く同じ週40時間労働で、一つ目は、月曜から金曜までの労働時間を1時間減らしたがために、土曜に5時間出勤するハメになってしまったパターンです。

二つ目は、月曜から金曜まで8時間労働し、その分週休二日にできたパターンです。

おそらく、ほとんどの人が同じ外来だったら二つ目のパターンの方がよいと思うはずです。

ただ、これはあくまでも一つの例です。変形労働時間の場合によっては、4週6休の方が良いと言える人もいるかもしれません。平日に1時間でも早く帰りたいとか、そういう人にとってはメリットとなりうることもあると思います。

デメリット

  • 休日が少ない
  • いつも仕事のことを考えるようになり、気が休まりにくい

デメリットについては、最初に書いたとおりです。

まず、休日が少なくなるということが当たり前の現実として存在し、それが原因で仕事にいつも縛られる感覚が増し、まとまった休日が取れなくなることです。

休日関連で求人広告や面接でチェックする4つのポイント

休みが取りたい

では、せっかく休日関連について読んでいただいたので、求人広告を見る時や転職で失敗しないために、もっと詳しく休日の見方について説明しますね。

求人広告をチェックする際の判断基準としていただければ幸いです。絶対に知っておくべき基本的な項目でもあります。

<他、休日についての関連記事>
プライベートは無し?看護師の二交代と三交代勤務を徹底比較!

週休2日制と完全週休2日制の違い

まさに今回の記事のテーマとなるところですが、「週休2日制」と「完全週休2日制」は違います。

週休2日制

字面どおりですが、「週休2日制」というのは、週に2日休める場合もあるという意味なので、確実に週に2日休みが取れるわけではないんですね。

つまり、4週6休と近い意味を持ちます。

例えば、日曜が確実に休みで、あとはどこかの曜日が隔週で休みだったり、ということになったりします。

完全週休2日制

一方、「完全週休2日制」は、そのまま確実に週2日間は休みがもらえるという意味です。

つまり、4週8休と近い意味を持ちます。

例えば、土日休みとか、日曜と水曜が休み、という場合ですね。

ただ、もちろん100%というわけではなく、業務によって必要が応じれば休みの日に出勤する(出勤させられる)こともありますが、この場合は休日出勤扱いとなります。

年間休日

年間休日

休日についてチェックする時は、まずこの年間休日をチェックしましょう。

年間休日は業界によってだいぶ差があり、多いところだと125日以上、看護師業界では105日程度が一般的となっています。

1年は52週なので、単純に完全週休2日制の場合、年間休日は104日(52週×2)になります。

これに加えて、祝日や年末年始も休みとなる場合は、16~30日程度は休日が増え、120日以上になります。

求人広告を見ると、年間休日120日と書かれているのがよくありますが、これは何故かと言うと、祝日や年末年始が通常の休みの曜日とかぶることによって、その分休日が減ってしまうためです。

「祝日や年末年始」と「通常の休みの曜日」がどれくらい重なるかは、その年によって変わってくるので、確実に変動のない数字を出すのが難しいんですね。

ちなみに、年間休日に有給休暇は含まれないので、有給休暇が使える状況になると、「年間休日 + 有給休暇」が事実上の年間休日数となり、人によっては年間休日140日以上なんてのも可能になります。

羨ましい限りですね。

年末年始

年末年始

「年末年始くらいゆっくり休みたい!」そんな人は多いと思います。私もそうです。ただし、サービス業が年末年始も普通に営業をしていることからも分かるとおり、、、

労働基準法には、年末年始の休暇に関する規定はありません。

参照⇒年末年始休暇は労働基準法ではどのように取り扱われるのか [★ 労働基準法]

とあるように、年末年始だからといって休む権利があるわけではありません。

看護師の場合、患者さんは年末年始ももちろんいらっしゃるわけですが、長期休暇(4~8日程度)が年に1、2回は取れる場合が普通です。

なので、年末年始に休暇が取れるかどうかは、上司や同僚とのシフトの相談になります。この部分は協力しあって迷惑をかけないよう振舞っていくしか有りません。

くれぐれも、自分のワガママを通したいがために人々からヒンシュクを買うような行為はしないようにしてくださいね。

有給休暇の消化

有給休暇

有給休暇については、法的に消化が義務付けられる方針で厚生労働省が動いていて2016年の施行をする計画となっています。

ただし、法律が変わったからといって企業や病院側がすぐに対応できるかというと、それはまた別の話です。

自分の仕事のスケジュールを自分でコントロールできるような職種だと、比較的有給休暇も取りやすいと言われていますが、接客業や病棟など、シフト制で日程を立てる場合、人員を増やさない限りは有給消化も難しいかと思います。

「権利があるんだから主張していい」という考え方もありますが、人に迷惑をかけないよう最低限の空気を読んだうえで取得するのがよいでしょう。

最後に:4週6休は減ってきている

労働環境

4週6休や休日についてしっかり学べましたでしょうか?

「日本人は働きすぎ」と言われてるように、今後は少しずつ労働環境が改善されていく方向に進んでいくとは思います。雇われの身としては嬉しいことですね。

そして、きついことで有名な4週6休も減ってはきています。

一つ言えることは、最初の時点でしっかりルールや取り決めを確認しておくことはとても大事なので、ぬかりなく求職活動をしていきましょう!

追伸 – 4週間で28日休みたいよね

4週28休

どこかに看護師で4週28休で勤務できる待遇の職場ってないのかなっ!

看護師の転職サイト徹底比較

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング


あなたの点数  

あなたのランク: