看護師で転職する場合、

  • 看護師専門の転職サイト
  • ハローワーク
  • eナースセンター

などの活用がありますが、そのどれも使用せずに病院に直接応募をするという方法もあります。

イメージ的には「もしもーし!雇ってくださーーーい」みたいな感じですね。

今回の記事では、そんな直接応募のメリットや注意点について、転職サイトを利用する場合と比較しながら見ていきましょう。

直接応募

概要:直接応募してもいいの?

直接応募してもいいの?
看護師って
人材サービスとか使わずに
直接応募しても
いいの?
エージェントなしでも
大丈夫かな?

転職する際、気になる病院やクリニックがあるのなら、自分で直接問い合わせをして採用状況を確認して応募するのも一つの方法です。

  • 電話
  • メール

などで、丁寧にアポを取ってから伺うわけですね。

直接応募することが好意的に受け止められる可能性もあるので、希望の転職先が明確に決まっているなら思い切って直接問合せしてみるのも良いでしょう。

しかし、メリットがある反面でデメリットもあるので、直接応募だけで転職活動することはあまりおすすめできません。

看護師として直接応募で転職するうえで良い点と悪い点をしっかり理解しましょう。

直接応募する際の3つのメリット

1. 採用されやすい

直接応募で転職するメリットの1つ目は、採用コストがかからないために採用されやすいということです。

看護師転職サイトを利用すると、採用側(病院側)が転職サイト側に紹介料を支払わなければならないので、そうした費用の掛からない直接応募者の採用ハードルを下げる可能性も考えられるのです。

看護師転職サイトの仕組みと評判

2. 自己アピールしやすい

2つ目のメリットは積極的な意志をアピールできることです。

看護師転職サイトによる「紹介」だと、(直接応募と比べて)受け身の姿勢での転職と捉えられてしまう可能性もゼロではありません。

しかし直接応募だと、採用担当者に積極性や行動力が強いと思ってもらえるわけですね。

実際に採用担当者から断られる可能性もある中、勇気を持って問い合わせをして来てくれた点を評価したいという声もあるのです。

3. やり取りが早い

3つ目のメリットは、転職希望先とのやり取りが早いという点です。

看護師転職サイトという仲介業者を通さないので、やり取りもスピーディーに行うことができて転職活動を早く進められることになります。

ただし、同時に複数の病院を受ける場合は、並行してやり取りをする必要があるので、煩雑さや手間を感じる可能性はあります。

おすすめの看護師転職サイト人気ランキング

【注意】直接応募する際の6つのデメリット

【注意】直接応募する際の6つのデメリット
思わぬ落とし穴が
あるかもしれないから
しっかり把握!

誰にも気兼ねすることなく自分のペースで転職活動ができる直接応募ですが、後悔しないために注意点を知っておくことも必要です。

大きな枠で言うと、求人内容の細かい点が曖昧なまま就職することになってしまう可能性があるということです。

看護師転職サイトを利用すると、不明点はガンガン遠慮なくコンサルタントに質問できますが、直接応募では個人で調べるので情報の入手も限界があって不利になってしまいます。

具体的にはどのようなことかというと、、、

1. 非公開求人を知らないままになる

今の時代、病院側と看護師転職サイトは密接に結びついていますので、転職サイトだけに公開している「非公開求人」というものがあります。

だから「非公開求人を見ていればもっと適した職場があったのに・・・」という現象が発生する可能性があります。

いくつかの看護師転職サイトの非公開求人をチェックしたうえで、それでも直接応募をするということであればよいですが、直接応募だけという選択肢だと、明らかに不利な転職になってしまいます。

2. 給料・待遇など求人の詳細が確認しずらい

直接応募だと、

などなど、求人内容の細かい面は全て自分で確認する必要があります。

しかも、自分から積極的に応募しておいて、やたらと休日にこだわるとかだとバツが悪いですよね。

例えば「本当に有給は取れますか?」とか、実際の面接では聞きずらいと思います。

その点、転職サイトを利用する際は、事前に担当に細かいことを確認しておけばいいので、希望条件にマッチングした職場に応募することができます。

3. 内情が把握しずらい

転職するうえでは職場環境を確認することも大事で、

  • 新人看護師の定着率・離職率
  • 看護師の平均年齢
  • 人間関係

など、少しでも内情を知っておいた方がマッチング率が確実に高まります。

しかし、個人で調べるには限界がありますし、実際に入職してみないと分からない場合がほとんどでしょう。

看護師の人間関係が正常か7つのチェック項目!

4. 準備は自分でやる必要がある

直接応募する場合には、応募書類を自分の力だけで作成して、面接対策も自分で考える必要があるので、その点が苦手な人には負担になることも考えられます。

また、面接日の調整なども自分で行うことになるので、現在の職場の退職時期や転職先の仕事開始日などを考えて、どちらにも迷惑をかけない配慮が必要です。

5. 真実が得られない可能性がある

採用担当者から「真実の情報」が伝えられないこともあります。

採用担当者としては、有望な看護師を採用することが仕事になるので、ネガティブな情報を正直に教えてくれる可能性は少ないと考えておいた方がよいでしょう。

6. 交渉

直接応募で最もデメリットになってしまうのが条件の交渉がしづらいことですね。

看護師転職サイトを利用すると、担当のコンサルタントが条件の交渉を代行してくれるので負担になりませんが、直接応募では誰も代行してくれる人はいません。

その為、自分で条件交渉することになりますが、

  • 評価に影響するのではないのか
  • 入職後の印象が悪くなってしまうのでは

と考えると、仮に提示された給与や勤務条件などに対して不満があったとしても、交渉することは難しくなってしまう人が多いでしょう。

転職サイトのコンサルタントの上手な活用法

直接応募と転職サイトを利用する場合の違いのまとめ

直接応募の場合

  1. 求人情報の収集を自分で調べる必要がある
  2. 職場状況の調査も自分で調べる必要がある
  3. 提出書類の作成も自分でやる必要がある
  4. 面接日程の調節・条件交渉なども自分でやる必要がある

そうなると、看護師転職サイトを利用するのと違って、時間的にも精神的にも大きな負担になります。

特に、現在の病院に在籍したままで転職活動をするとなると、かなり大変な状況になることは間違いないでしょう。

ただし、行動力・積極性はアピールできます。

看護師転職サイトの場合

その一方で看護師転職サイトを利用すると、担当のコンサルタントが希望条件に合う転職先を探して紹介してくれるので、手間がかかりませんし、時間のロスも最小限に抑えることができます。

また、個人で調べることが難しい情報まで得られますし、

  • 面接の日程調整や条件交渉の代行
  • 書類作成や面接などのアドバイス

などもしてくれます。

このように看護師転職サイトを利用することは直接応募と違ったメリットがあるので、

  1. 転職先のリアルな情報を知りたい
  2. 一人での転職活動は不安
  3. 在職中で忙しい

という看護師は、転職サイトを利用するのがおすすめです。

直接応募だけど内情を知る方法

直接応募だけど内情を知る方法
直接応募したいけど
病院内の詳細も
知っておきたい
そんな場合は…

もし今あなたが、すでに就職したい病院が決まっていて、そこに直接応募しようとしてる場合、直接応募だけでは分からない情報を手にする方法はあります。

それは、求人数の多い看護師転職サイトに登録してみて、あなたが就職しようとしてる病院の情報の詳細を担当に聞いてしまえばいいんですね。

そのうえで、転職サイト経由で面接に応募するか、転職サイトを経由せずに直接応募するかは、求職者の自由です。

「小さな病院希望だから転職サイトではカバーできていないだろう」と思う人もいるかもしれませんが、大手だとかなり細かい病院まで提携しているので、一度中を除いてみても良いと思います。

場合によっては、祝い金などももらえて、普通に就職するより金銭的にも大きな得が得られるかもしれません。

転職サイト比較

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング


あなたの点数  

あなたのランク: